【34】谷川昌希(たにがわまさき)阪神タイガース選手名鑑 2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
名前 谷川昌希
背番号 34
身長/体重/生年月日/血液型  175cm/81kg/1992.10.06/O
出身 福岡
ポジション ピッチャー
投打 右投右打

経歴

筑陽学園高-東京農業大-九州三菱自動車-阪神

2018年推定年俸 840
自分の性格は おだやか
イチオシポイント 阪神に入ってこれだけはやってみたい事が、JoshinのCMに出る事。

2017年のドラフト5位指名で阪神に入団した谷川。

今回のドラフトでは唯一の社会人出身ということもあり、即戦力として活躍してくれることが期待されているピッチャーです。

175cmと比較的小柄で、球速も平均140キロ台前半、最高149kmとそこまで飛び抜けて早いわけではありませんが、気迫のある投球フォームで投げるストレートにはそれ以上の球威があります。

その他持ち球は直球以外にカット・スライダー・カーブ・シュート。制球力もあります。

2017年は先発を任されていましたが、どちらかというとリリーフ向きだそうで、本人も目標とする選手に藤川球児や権藤博をあげています。

甲子園に出場の経験はなく、大学時代も怪我に悩まされたり、今でこそ良くなった制球もこのころはまだ不安定で、結果をうまく残せなかったことから、スカウトの注目を浴びる機会はありませんでした。

ちなみにチームメイトとなった陽川は大学時代の先輩です。

大学卒業後入社した九州三菱自動車は、野球はやらせてもらえるけれども社業が優先のため、自動車販売の営業をこなしながら、野球に取り組んでいたそうです。

練習中も携帯電話は手放せず、お客さんから電話がかかってきたらすぐスーツに着替えて出向かなければならないんだとか。大変^^;

しかし本人は、そんな会社だったからこそ体力面だけではなく、精神的に強く鍛えられたと語ってました。どんな環境でもバネに変えられる人は強いですね。

谷川が注目されるまでに成長したのは、社会人になってから出会った人々の影響が大きいようで、当時九州三菱自動車の野球部コーチであった元南海ホークスの山内孝徳や、元ロッテの小林亮寛、元近鉄の加藤伸一などから積極的に指導を受けたことにより、体力・技術面においても大きく成長をみせました。

おかげで2017年の都市大会予選では6試合中5登板、4完投。

日本選手権の予選では5連投を経験Σ(・□・;)しかも3完投。

エースとしてバリバリに大活躍し、スカウトの注目を集めるようになりました。

また侍ジャパン社会人代表で参加した、BFAアジア選手権でも勝利に大きく貢献。チームは全勝優勝!ベストナインにも選ばれました。

しかしどれだけタフなんですかって感じですよね。

田中スカウトがおもわず、あの伝説の「権藤、権藤、雨、権藤」ならぬ「谷川、谷川、谷川、谷川」だと言ったのもわかります(笑)

怪我がちだった大学時代を教訓に、体のケアも徹底して行うようにしたそうですが、だからといってこんなに投げれるなんて。体力だけでなく根性がないと無理ですよね。

ルーキーイヤーである2018年の目標は「開幕一軍、中継ぎで年間60試合登板」だそうですが、権藤のように無理がたたって故障なんてことにはならないよう気をつけてください^^;

それでは最後に投球映像をごらんください。

社会人出身だけあって、いい意味でルーキー感のない体つきですねΣ(・□・;)

マウンドでの度胸もあるタイプで、阪神のリリーフらしさをすでに感じます。

阪神は2017年リリーフ陣を酷使してしまったので、その部分を補える可能性のある即戦力は大助かりですね!

活躍を期待しています\(^o^)/

2017年ドラフト仲間
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク