【更新】打率・打点・ホームラン…etc!! セリーグ個人タイトル獲得は誰だ!阪神の選手は?2017

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは!

そろそろシーズン終了ということで、誰が個人タイトルをとるのか気になってきてませんか?

私は気になりますಠ_ಠ!

というわけで、今日は2017年現時点での、個人タイトル順位まとめです。

ではスタート!

10/11追記:シーズンも終了し、個人タイトルが決定しました!受賞された皆様おめでとうございます^^

スポンサーリンク




打撃部門

まずは打撃部門から。

首位打者

シーズン中規定打席に達した選手の中で、最も打率が高かった選手に贈られる賞です。

規定打席に到達しなかった場合でも、一定条件を満たせば獲得できる場合があります。

1位(初)

宮崎 DeNA .323
2位 マギー 巨人 .315
3位 大島 中日 .313

一時期はマギーと日替わり交代のような打率のデットヒートを繰り広げていた宮崎ですが、ラストスパートと言わんばかりにぐっと引き離しました。さすが、浜のプーさん。

大島は怪我がなければ上を狙えたかもしれないので残念でしたね。来年に期待です。

最多本塁打

シーズンを通して一番本塁打の多かった人に贈られます。ホームラン王とも言いますね。

1位(初) ゲレーロ 中日 35
2位 バレンティン ヤクルト 32
3位 ロペス DeNA 30

今年は助っ人が上位を占めてます!

4位に去年の王者筒香が28本で迫ってきてはいますが、チームメイトでの戦いになってしまいますね^^;

しかしゲレーロ、来日一年目でぶっ飛ばしましたね(笑)

最多打点

シーズンを通して一番打点をあげた人に贈られます。打点王とも。

1位(初) ロペス DeNA 105
2位 筒香 DeNA 94
3位 広島 92

ここにもロペスが食い込んできました。しかも結構ぶっちぎってますね。

打撃部門にはことごとくDeNAの選手の名前が並んでます。

阪神…(;o;)

最多安打

シーズンを通して、最も安打数の多かった人に贈られます。

1位(初) 広島 171
1位(初) ロペス DeNA 171
3位 マギー 巨人 165

広島の丸と、DeNAのロペスが現在並んで1位となってます。

広島はもう残り試合がないので、可能性はこのままタイ記録、もしくはロペスが抜いて1位のどちらかですね。

同時受賞になりそうです。

出塁・盗塁部門

最多出塁

シーズンを通して最も出塁率が高かった人に贈られます。

1位(初) 田中 広島 .3982
2位 広島 .3975
3位 筒香 DeNA .396

いつのまにやら広島が1,2位になってましたΣ(・□・;)

今年は1位でも.399と少し出塁率自体が全体を通して低めの年になってますね。

なんとここ30年ほどの記録で、最高出塁率が.400を下回ったのは1度だけなんです。

最多盗塁

シーズンを通して盗塁数が一番多かった人に贈られます。盗塁王とも。

今まで助っ人外国人の受賞者はいないそうです。

1位(初) 田中 広島 35
2位 大島 中日 23
2位 京田  中日 23

広島の田中が唯一30盗塁以上を決めて、堂々の1位に輝いています。

出塁率も良くて、盗塁数もダントツとは。広島にはどれだけ脂ののった選手が揃ってるんでしょうか^^;

投手部門

最優秀防御率

規定投球回に達した人の中で、一番防御率の高かった人に贈られます。

1位(2年連続・3度目)

菅野 巨人 1.59
2位 マイコラス 巨人 2.25
3位 メッセンジャー 阪神 2.39

これはもう菅野で決まりですね(笑)

2014年、2016年に続いて3度目の受賞です。

しかしメッセ、3位は広島の野村かと思われていましたが、最後の最後に気合いで食い込んできましたね!

最多勝利

シーズンを通して最も勝利数が多かった人に贈られます。

1位(初) 菅野 巨人 17
2位 薮田 広島 15
3位 マイコラス 巨人 14

ここでも菅野が1位に輝いています。

シーズン通して、2位3位に変動はありましたが、1位はほぼ変わることなかったですね。ほぼ?もしかするとずっとかもしれないΣ(・□・;)

あの防御率ですもんね。

とはいえ最多勝利は今年が初なので、その感動も大きいのではないでしょうか。

最多セーブ

シーズンを通して、最もセーブ数の多い選手に贈られます。

1位(初) ドリス 阪神 37
2位 田島 中日 34
3位 カミネロ 巨人 29

ここにきてやっと阪神の選手が!\(^o^)/

1位は助っ人のドリスとなっています。

2位の田島が追いつく可能性がギリギリまで残されていましたが、10/5の試合で単独受賞が確実になりました!

最優秀中継ぎ

シーズンを通して、最もホールドポイントが多い選手に贈られます。

1位(初) 桑原 阪神 43
1位(初) マテオ 阪神 43
3位 三上 DeNA 34

最優秀中継ぎは阪神対決になってます。

同時受賞になるのか、はたまた1軍登録されたままの桑原が一歩先に進むのか注目が集まっています。

と思ったら、桑原も登録抹消されましたね^^;

どうやら仲良く同時受賞になりそうです。

最多奪三振

シーズンで最も奪三振数が多かった選手に贈られます。奪三振王とも。

1位(初) マイコラス 巨人 187
2位 菅野 巨人 171
3位 メッセンジャー 阪神 155

奪三振はマイコラスが1位です!

防御率も勝利数も菅野に持って行かれましたが、ここは譲りませんでした。

こうしていろんな記録を並べてみると、巨人はやっぱり良いピッチャー揃いですね。

メッセも来年は怪我なくタイトル狙って欲しいですね!

勝率第一位投手

シーズン13勝以上あげた投手のうち、最も勝率が高い選手に贈られます。

1位(初) 薮田 広島 .833
2位 菅野 巨人 .773
3位 田口 巨人 .765

2013年からパリーグと統一したルールに変更したので、薮田は規定投球回数に到達しているわけではないですが、15勝あげているので勝率第一位投手対象となるようです。

逆に同じ広島の大瀬良は規定投球回に達してても10勝なので、勝率が良くても対象になりません。ややこしいですね^^;

新人王候補

新人王候補として名前が挙げられているのがこの2人です。

どちらも大活躍だったので、どちらが選ばれても「そうなったか」と納得はできそうですね。

【51】京田陽太(きょうだようた)
名前 京田陽太 背番号 51 身長/体重/生年月日/血液型 182cm/80kg/1994.4.20/...
【26】濱口遥大(はまぐちはるひろ)
名前  濱口遥大 背番号 26 身長/体重/生年月日/血液型 173cm/80kg/1995.3.16...

あっという間の1シーズン

泣いても笑っても、今週で2017年のシーズンは終了です。

順位は決まりましたが、最後まで見逃さず楽しみましょう\(^o^)/

それではまた次回!

あわせて読みたい

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加