阪神2軍監督就任! 矢野燿大 作戦兼バッテリーコーチについてまとめてみた。プロフィールや通算成績など。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/10/23追記:2018年度監督・コーチ陣が発表となり、矢野燿大コーチのファーム監督就任が決定しました。

こんにちは\(^o^)/

今日は掛布2軍監督退任後、その後継がほぼ確定と言われている矢野燿大、作戦兼バッテリーコーチについて、プロフィールや経歴のまとめです。

この機会に、矢野がもう一度どんな選手だったか振り返ってみましょう!

スポンサーリンク




プロフィール

引用元:阪神タイガース公式ウェブサイト

名前 矢野燿大(本名は矢野輝弘)
背番号 39(現役)・88(コーチ)
身長/体重/生年月日/血液型 181cm/77kg/1968.12.06/O
出身 大阪
ポジション キャッチャー
選手歴 大阪市立桜宮高-東北福祉大-中日-阪神
コーチ歴 阪神タイガース(2016~)
趣味 釣り
オフィシャルHP 矢野燿大オフィシャルウェブサイト

金本監督と同じ(学年は一つ上)東北福祉大を卒業後、1990年に行われたドラフト2位指名で中日に入団した矢野。

その頃の中日には中村武志がレギュラー捕手として活躍していたこともあり、出場機会はそう多くなかったものの、打撃力を買われ外野手として出場することもありました。

1997年に関川浩一・久慈照嘉とトレードで阪神タイガースに入団。

その後は長きにわたって正捕手として勝利に貢献、2度のリーグ優勝も経験しています。

2010年に引退後は解説やTV番組の出演なども行なっていましたが、2013年ごろよりコーチ業が増え、2016年からは金本監督率いる阪神タイガースの作戦兼バッテリーコーチとしてその手腕を発揮することとなり、現在に至ります。

ちなみに私生活は既婚者であり、2人のお子さんもいらっしゃいます。

人柄がよく、大のスイーツ好きだそうです。

逆に嫌いな食べ物はトマト。なんか意外です(笑)

現役時代の成績

そんな矢野の成績をみてみます。

1991年〜2010年までの20年ぶんです。

打撃成績

  試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率 OPS
通算 1669 4921 1347 112 570 16 .274 .730

守備成績(キャッチャーとしての通算)

  試合 捕逸 守備率 阻止率
通算 1546 79 .996 .349

打率はその年によって多少バラつきがあるものの、基本2割台後半から3割台にかけてが多く、通算.274

阪神の優勝した2003年には.328という成績を残しており、打力を買われていたというのも頷ける、打てるキャッチャーであったことがよくわかります。

守備面ですが、通算盗塁阻止率は.349、年によっては4割を超えているのでまずまずの数字。

また、キャッチング能力は高めだと言われることも多いようですが、かなりいい!というよりは安定していいという表現の方がしっくりきます。

リード面に関しても、安全運転と岡田彰布が語るほど相手の心理をよく読み、大きく外すことなく引っ張る安定型

強気で攻めるというよりは、セオリー通りにリードするタイプのようです。

安藤や下柳と相性が良く、下柳は自身の最多勝は矢野と巡り会えたおかげで獲れたタイトルと、そのリードを絶賛しています。

これらをトータルして考えると、矢野はトリプルAというよりは、全体的にBというかなりバランスの取れた選手なんですね。

毎年大きく乱れることなく、安定していい成績を残すことはすごいことです。

ちなみに勝負強さはAランク、サヨナラ打を11回放っている強メンタルの持ち主です。(ちなみに金本監督は12本)

受賞記録

ベストナイン3回 (2003,2005,2006年)

ゴールデングラブ賞2回 (2003,2005年)

日本シリーズ敢闘選手賞1回 (2005年)

最優秀バッテリー賞2回 (2003 井川慶,2005年 藤川球児)

優秀JCB/MEP賞2回 (2003年)

サンスポMVP大賞1回 (2003年)

2003年・2005年と阪神の優勝した年に数多くの賞を受賞されてますね。

それだけチームにとって大きな力であったことがわかります。

解説者として

2010年に引退されてからは、TVやラジオの野球解説で活躍されていました。

名前は矢野燿大(本名は矢野輝弘)を継続して使われてます。

改名されて理由は、2009年が怪我もあり選手としてあまりよくなかったという理由から、心機一転の意味を込めてだそうです。

ちなみに解説ですが、キャッチャー目線の冷静沈着な解説でわかりやすい!との感想ばかりかと思いきや、結構感情的だとの意見も多く(阪神への思い入れが強い)

矢野の解説の好き嫌いは結構あったみたいです^^;

そういえば、矢野のことについて選手が触れているコメントには「すごく優しい人」という意見と「阪神で一番怖い人」という意見どちらも多くありました。

優しい顔してるけど、チャンスに強い部分からもうかがい知れるように、中身は結構熱い部分が多い方なのかもしれませんね。

その片鱗はバレンティンに飛びかかったあの乱闘でも伺えます。

とにかく選手を守らないと!と思ったら飛びかかってたって(笑)

ただこの動画の一番の見所は、5:16~あたりの乱闘が終わってから「なになに?」って感じでひょっこり現れるドミニカンコンビですけどね(笑)

合わせて読みたい

コーチとして

2013年、野球日本代表のバッテリーコーチを務めてからはコーチ業も増え、2016年からは元チームメイトである金本率いる阪神タイガースの、作戦兼バッテリーコーチとして現場復帰しています。

2016年若手積極起用、競わせて伸ばすといった金本阪神のスタイル通り梅野・坂本・原口といった選手たちを正捕手争いさせながら起用していました。

そして翌年2017年は怪我で出遅れた坂本の影響もあり前半はほぼ梅野が、後半は復帰した坂本がマスクをかぶり、原口はその打撃力を買われ1塁へコンバートとなりました。

この矢野コーチの采配がよくわからんと散々言われたり、それを煽るような悪意のある記事も見かけましたが、

これだけ阪神のキャッチャーとして実戦経験も長く活躍されてきた方であることや、内部事情ははたから見るだけではわからないことなどを考えると、理由あっての起用だと考えるのが妥当ですよね。

コーチとしての評価は一方的な内容の記事しか出てこないのでイマイチ良く分かりませんが、とりあえず私は勝つために最善を尽くしてくれてるならそれでOKです(笑)

コーチになってからは厳しい表情を見せる日が多くなりましたが、選手が活躍するたびベンチで笑顔を見せ喜んでいる姿は昔のまま。

ぜひこれからもうまく阪神の選手たちをリードしてあげて下さい\(^o^)/

二軍監督は誰が?

※追記あり

少し話はそれますが。

掛布2軍監督が今季限りで退任されるというニュースに驚いた阪神ファンはかなりの数だったのではないでしょうか。

阪神から出て行ってしまうのでは?との不安の声もありましたが、来季はオーナー付きアドバイザーに就任されることが決定したそうです。よかった。

となると気になるのは、次期監督が誰なのか。

掛布監督と金本監督との意見の食い違いも退任の要因という話を信じるなら、金本監督と教育方針のあう監督を据えるというのが普通ですよね。

外部から呼ぶことはないと球団幹部のコメントもあったそうです。

その中で候補とされていた今岡コーチがまさかの退任でロッテ行きが濃厚になった今Σ(・□・;)

有力と言われているのは、矢野コーチ片岡コーチの2人です。

特に大学時代からプロにかけて、厳しい練習を共に乗り越えてきた矢野とは指導方針の理解が深いと言われているので、金本監督に全権が委任されていると言われているコーチ人事で、選ばれる可能性も少なくないのではないでしょうか。

ただ何れにしても人的補填は必要になってくるので、どのように動くのか注目が集まります。

10/18の報道で、矢野作戦兼バッテリーコーチの2軍監督就任がほぼ確定、山田2軍バッテリーコーチが1軍昇格か、とありました。

大人気の選手時代

では最後は大人気だった選手時代の映像で締めくくりたいとおもいます\(^o^)/

2003年、2005年と阪神を優勝に導いた選手のうちの1人であり、阪神のキャッチャーといえば矢野!と言われたほどの人気を博したその姿をごらんください^^

コーチの皆様、強い阪神タイガースづくりを、よろしくお願いします!\(^o^)/

以上、ブラウン管からセリーグをみるでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加