【40】福永春吾(ふくながしゅんご)阪神タイガース選手名鑑 2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
名前  福永春吾
背番号 40
身長/体重/生年月日/血液型  185cm/90kg/1994.5.14/O
投打 右投左打
出身 大阪
ポジション ピッチャー

経歴

金光大阪-クラーク記念国際-BFリーグ・06BULLS-四国ILPuls・徳島-阪神

2017年成績 登板(1) 勝(0) 敗(0) セーブ(0) 投球回(4) 奪三振(3) 防御率(11.25)
通算成績 登板(1) 勝(0) 敗(0) セーブ(0) 投球回(4) 奪三振(3) 防御率(11.25)
2018年推定年俸 680
ひとこと めっちゃ喋る

150Km台の重いストレートとキレのあるスライダーが持ち味の本格派。2016年のドラフト6位で入団。阪神が育成以外で独立リーグ出身の選手を指名するのはこれが初めてです。

高校(金光大阪)時代は度重なる怪我に悩まされ転学、野球から完全に離れた生活をしていた時期もあったそうですが、その想いは捨てきれず独立リーグで努力した結果が実りました。

ルーキーイヤーである2017年のシーズン序盤に2軍で好成績を残していたことから1軍へ昇格。

広島戦でデビューとなりました。

その初登板の姿を「福永」というプラカード持って号泣しながら応援している友達?もしくは親族の方がスタンドにいらっしゃったのですが、その彼がテレビに映るたびにこっちがもらい泣きしそうで(というかしてた)こらえながら見るのが大変な試合だったのをよく覚えています^^;

結果は4回6失点と大荒れ。2017年福永が一軍登板をしたのはこれが最初で最後になりました。

後日のインタビューでは、めちゃくちゃ緊張してしまって本来の投球ができなかったと悔しさいっぱいに語っていた福永ですが、もう一度チャンスを掴む機会があれば、次こそは自分の投球を出し切ってその実力を印象付けて欲しいですね。

ちなみにこの福永デビュー戦は2017年の試合の中でも強烈に記憶にのこるあの「9点差大逆転劇」が繰り広げられた試合でもあります。

あの状況で負けがつかないとはΣ(・□・;)

もしかすると彼は強運の星がついてるタイプかもしれません(笑)

大阪出身でしゃべりも達者、ファンの心を掴む明るいキャラクターの福永。2018年のキャンプは安芸組スタートとなりましたが、実力は十分、ストレートもよくなってきているそうです。今年はどんな活躍を見せてくれるのか期待がかかります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク