ヤクルト大逆転・広島3本塁打・阪神反省会ಠ_ಠ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日はヤクルトの歴史的逆転劇で神宮が湧き立ちましたね!

だれが10-0から試合がひっくり返ると予想していたでしょうか。

阪神と広島の9点差逆転を上回る二桁差逆転。

しかも代打大松による、初球サヨナラホームランなんて、ドラマチックですね。

最悪の14連敗から一転、明るいムードがファンにもチーム内にも漂ういい試合となりました(中日側からすると最悪ですが…^^;)

終わってみればヒット数が中日11本、ヤクルト15本の打ち合い合戦。

山田もチャンスで打てました。

一時は10ゲーム以上離されていた成績もこの直接対決の連勝で7.5まで回復。

このまま波に乗り切れるのか、ヤクルト!

しかし中日大野は勝ち運に恵まれませんね。

これだけの大差を前半につけておいても負けてしまうとは^^;

今季初勝利した時のインタビューが頭をよぎりました。

【中日】大野選手のお立ち台に感動する
大野投手、ついに連敗をストップさせ今季初勝利を果たしましたね。 阪神がオリックスに残念な負け方をしてしまい、なんでやねん!とプリプリしてい...

話は変わって、広島は相変わらずの絶好調っぷりで、早くも今季巨人との対戦勝ち越しが決定してしまいましたΣ(・□・;)

どんなけ巨人は広島に苦手意識全開なのよと突っ込みたくなるところですが(対巨人戦成績13勝3敗)

昨日は大瀬良の好投に加え、ホームラン3本ですか…。

守るし打つし、どこから攻めればいいのか。

安打数だけ見ればお互い同じくらいなのに、パワーが違いすぎる。

ベンチの選手の雰囲気とか、ヒット出まくる光景はもはや高校野球のノリノリのチームを見ているようです。

個人成績もじわりじわりと広島色に染まりつつあり、打点はそろそろ鈴木がロペスを抜いて1位になるんじゃないかという瀬戸際。本塁打数も3位に食い込んで来ました。

最近神ってる男、ちょっと大人しいなと思った途端にこれだから油断できないಠ_ಠ

巨人の皆さん、三連敗だけは無しでよろしくお願いします!

三連敗だけは…

三連敗だけは…

って、阪神も言えたもんじゃないですが!!(;o;)

大野の勝ち運のなさ語る前に、小野の勝ち運の無さを語らねばならないところでしたが現実を直視できませんでした。

DeNAに2位の座を持ってかれるなんて。

あのころの連勝、二桁貯金生活はなんだったの(;o;)

試合の立ち上がり、攻撃は一昨日と同じような、三者凡退もしくはチャンスで打線を繋げない、見ていて興奮するようなシーンはあまりない展開でした。

しかし一昨日と違うのは、2回の守りですでに先制点を3点も入れられてしまった点。

しかも死球から出塁の得点。

もっとあかんやん!Σ(・O・;)

フォアボールや死球を出しても前ほど大きく動揺することはなかった小野ですが、かといって昨日はビシッと制球が決まっていたわけでもなく、本人も変化球がうまく決まらなかったと語っています。なんとも言えない結果のまま5回4失点で降板。

これで小野の連敗は6となり、阪神の新人投手連敗記録タイとなってしまいました。

運も実力のうちとは言いますが、気持ちに負け癖がつかないよう志は強くあって欲しいですね。

その後ロジャースの本塁打もあり、じわじわ点は返していきましたが、8回の表にDeNAが入れた追加の2点が大きく勝敗を左右し、最終1点差まで迫ったものの、サヨナラのチャンスも生かせず試合終了。

ちきしょう。。

昨日試合を盛り上げてくれたのは、大和・鳥谷・ロジャース・中谷(代打)・坂本とロジャース除くとほぼ下位打線

もーちょっと上位打線が奮闘してくれないと、勢いに乗ってるDeNAを再び引き摺り下ろすどころか、引き離されてしまうんではないでしょうか((((;゚Д゚)))))))3位ダメ!絶対!

と、悔しい気持ちを語るのはここまでにしておいて。

終わりよければすべてよし!とまではいきませんが、気持ちが全然違います。

本日の先発は気合い入りまくってるであろう岩田

ベテランの底意地見せてもらいましょう。

ウル虎の夏を連敗では終わらせない!(`・∀・´)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク