【阪神】大和魂炸裂!今季絶好調スイッチヒッター大和!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の試合は甲子園で観戦していましたが、見どころ満載のとても面白い試合でした。

スタメン発表で4番中谷のコールに対しての声援たるや(笑)

しかしその期待を裏切ることなく猛打賞!きっちり4番の仕事をこなしてくれた中谷は去年とは見違えるようでした。

成長したなぁ(;o;)

上本の活躍も球場を沸かせてくれました!

プロ野球ニュースの「プレイオブザデー」に選ばれたファインプレーが2つに加え、昨日に続きヒットも2本。送球も心配なし(笑)

バッティングと守備の好調さはリンクしているんだなぁと思わせるような内容でした。

しかしこんなノリノリな2人をおいても注目したい人物がいます。

それは大和!

※データはこちらをご参照くださいm(_ _)m

横浜DeNAベイスターズ【9】大和(前田大和)(まえだやまと)
名前 大和 背番号 9 身長/体重/生年月日/血液型 177cm/68kg/1987.11.5/A ...

昨日は猛打賞、かつ全てがタイムリーヒットという最高の内容!

もちろん安定感抜群の守備もあり、勝利へと大きく貢献してくれました。

ここのところ攻守ともに冴え渡っている大和ですが、阪神に入団した2006年からずっと「守備は最高だけど、打てない選手」というレッテルが付いて回っていました。

たしかに守備面だけ切り取ると、どこを守らせても一流。外野、二塁、遊撃なんでもきっちりとこなし、守備固めでも必ず登場、守備範囲もとても広く、ゴールデングラブ賞も受賞している素晴らしい腕前です。

しかし打撃面は、小柄な体つきで大きなあたりはあまり期待できず、そもそも打撃不振に陥ることが多く打率が伸び悩み、通算打率は.251(昨年は.231)にとどまっています。

あまりに守備が良く、職人肌なところがあるのでファンは多いんですが^^;

みんなが口を揃えて「打てたらなぁ…」と漏らすのがお決まりになってしまっていました。

しかし!

2016年シーズン終了後より、プロ入り10年を超えた大和が新たなチャレンジを試みはじめました。

それがスイッチヒッター(両打)

様々な解説や、リポーターが、2017年で30歳になろうとしている選手がスイッチヒッターに転向するなんて聞いたことがない、と言う前代未聞の挑戦です。

時折その練習の様子がニュースで上がってきますが、なかなか過酷そう^^;

故山本一義さん曰く「スイッチヒッターを極めるのであれば、人の2倍以上、3倍も4倍も努力しなければならない」そうで、そう半端な取り組みで結果がついてくるほど甘いものではないのは大和本人も承知していたようです。

しかし最近自分自身のこれからの野球人生の見通しが不透明になってきていると感じていたそうで、片岡・久慈コーチに転向を打診された時は二つ返事でオーケーしたとのこと。

また、新しいことに挑戦して進歩することが楽しいそうで、辛い練習の中で手応えを感じる喜びはかなり大きいみたいです。

その甲斐あってか、広島戦で左打席で初安打をマークした後も順調に打席をこなし、一時期は右も左もほぼ打率が変わらないという出足好調っぷりを見せつけてくれており、昨日も右左どちらでも打ってます。

現在は全体打率.293 右.389 左.206  という左右差が出た数字にはなっていますが、右の打率の調子の良さったら!Σ(・□・;)

左に取り組んだことで、右の打ちやすさに改めて気づいたそうですが、それにしてもすごいですね(笑)

こんなに成績良くなるなら、みんなスイッチヒッターチャレンジしてみれば良いやん。という安易な考えも浮かんでしまいますが、そう甘い話ではなく^^;平野打撃コーチ曰く、これだけできる大和がすごいんだそうです。

ここのところ、出る試合出る試合で何かしら見せ付けてくれている大和。

これだけ調子が上がってきていればもう「打てたらなぁ…」なんて言えません。

北条が2軍に下がってる今、この先当分は糸原か大和がショートを守ることになりそうなので(西岡も?)スタメン出場の機会は多そうですね。

第二子も誕生したばかりで、公私ともに勢いの増した大和!これからも渋いプレーを期待しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク