【98】ラファエル・ドリス 阪神タイガース選手名鑑 2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
名前 ラファエル・ドリス
背番号 98
身長/体重/生年月日/血液型 195cm/109kg/1988.1.10/?
投打 右投右打
出身 ドミニカ共和国
ポジション ピッチャー
経歴 ディビナプロビデンシア高-カブス-阪神
2017年成績 登板(63) 勝(4) 敗(4) セーブ(37) 投球回(63) 奪三振(85) 防御率(2.71)
通算成績(NPB) 登板(97) 勝(7) 敗(7) セーブ(45) 投球回(97) 三振(121) 防御率(2.51)
2018年推定年俸 12500
twitter/Instagram @rafael_dolis
ひとこと 糸井が阪神の選手で唯一、体格が負けてると感じる相手

カブス時代に藤川球児と出会ったことで日本でプレイすることを決めたドリス。

阪神に入団したのは2016年のことでした。

自慢の速球で活躍してくれることを期待したのですが、成績不振や右肘の故障などが重なり1年で自由契約に。

誰しもここまでかと思ったはずです。

しかし2017年、痛めた右肘の手術の経過は良好だということもあり、ドリスは再び阪神のキャンプに合流。トライアウトを経て再契約へと至りました。

これが阪神には大正解(笑)

勝利の方程式、最強リリーフ陣のラスボス、クローザーとして63試合に登板。時に2イニングをまたいでの活躍まで見せてくれました。

おまけに2016年のマイナスを取り戻さんと言わんばかりにセーブを積み重ね、気づけば37に!2017年最多セーブのタイトルまでものにしました。

ランナーが出ると少し気にしすぎて荒れがちになる傾向はありますが、そもそもキレキレのドリスの球はそう打てない!

195cmという高身長から叩きつけるように投げる速球は最高161km!!そこにうまくフォークを混ぜて空振りを誘いまくります。

敵じゃ無くてよかった^^;

今季も期待してます、がんばれー!

ちなみに同じドミニカ共和国出身のマテオと、マテドリやドミニカンコンビと呼ばれ、時に見分けがつかないとまで言われていますが

私から言わせればあの頃のヤクルトを支えた元ヤクルトピッチャーのオンドルセクとバーネットの方がよっぽど見分けがつかないと思うんですが。どうでしょ?(笑)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク