【阪神】シンデレラボーイ原口選手の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

阪神にシンデレラボーイと呼ばれた選手がいます。

それは原口文仁

一応キャッチャー登録されている選手です。

なぜ彼がシンデレラボーイと呼ばれているのかというと、それは彼のその選手歴にあります。

ドラフト6巡目でタイガースに入団した原口選手ですが、その後腰の怪我に悩まされ、育成選手へと移行、その後死球で骨折があったりと、なかなかチャンスに恵まれないまま選手生活を送っていました。

そんな彼の転機は2016年。記念すべき金本阪神1年目です。春季一軍キャンプに合流した原口選手は、そののち支配下登録へと移行、その登録当日いきなりジャイアンツ戦に代打で出場すると華麗なヒットを放ち注目の的となります。

支配下登録からデビュー戦までの時間が短すぎてユニフォームが間に合わず、山田勝彦バッテリーコーチのユニフォームを借りての出場になったことでも会場を沸かせました(笑)

その後絶好調の原口選手は5月に月間MVPを獲得する大活躍、一躍阪神の顔となりました。

シンデレラボーイと呼ばれたのはこんな経緯があったからなんです。


そんな原口選手ですが、彼は非常にキャッチャーが大好きなキャッチャーなんです。

誰よりもそのポジションにやりがいを感じているように見えるし、実際正捕手が決まっていなかった際には矢野コーチにキャッチャーがやりたいと強く意思表示を行なっていたとニュースにもなっていました。

ですが今季は梅野選手が正捕手として迎え入れられており、原口選手はファーストを守っています。

キャッチャーを頑張ってきた原口選手ですが、盗塁阻止等の成績から今年の正捕手は梅野選手でいくという首脳陣の考えなんでしょう。

しかしその打撃を活かして活躍してほしいとの球団側のオファーにより、去年いっぱいで退団したゴメス元選手の守っていたファーストのポジションを引き継ぐ形となり、選手登録はキャッチャーとしてなのですが、実質ファーストへコンバートした状態となっています。

平田コーチから、あんな好青年見た事ない!と言われ、最近結婚された奥様から、優しさの塊みたいな人とまで言わしめる優しい人柄の性格はヒーローインタビューからも想像できます。

ですが彼はただ優しい人なだけでは無く、非常に真面目で努力家な一面もあります。

努力家な話しか聞かないので、正直ファーストへのコンバートを聞いたときはなぜか私はすごくショックを受けてしまいました(笑)

失礼な言い方ですが、めちゃくちゃ努力していても手が届かないこともあるんだな、なんて思ったんです。

私がそう思うくらいなので、そのニュースが出た頃スポーツ記者たちも当たり前に、捕手への未練はないのかという質問を投げかけまくっていました。ですがそんな記者たちに対して原口選手は

前向きになろうとしている人間の前で、後ろ向きになるようなこと言っちゃダメですよ。

と、さらりと答えていました。

正直これを聞いた時、けっこう反省したのを覚えています。

1番悔しいに決まっている原口選手がそうやって気持ちを切り替えて頑張ってるのに、かってに相手の気持ちを決めつけて、今までの努力の大切さをないがしろにしてしまった自分の考えを。

内心本当はどうなのかは原口選手じゃないんでわからないですが、少なくともそんな気持ちを切り替えプロに徹する姿は私にはとても勇気付けられる部分があり、どうにも応援したくなってしまうんです。

もちろん他の阪神の選手それぞれに学ばせてもらっている部分は沢山あるのですが、今回は最近少しづつ調子が上向きになってきた原口選手をピックアップしてみました。

そう言えばつい先日のお立ち台、インタビュー噛みまくりすぎて面白かったですね(笑)自宅に戻られて奥様と一緒にもう一度見て、二人で爆笑したそうですよ。

なんでも京セラの音の反響がすごいらしく、自分が喋っているのに同時に自分の声が跳ね返って聞こえてくるから訳が分からなくなってきたらしいです。

だからってあんなに噛まなくても(笑)

ではまた他の選手の話も、いつか!(笑)

【94】原口文仁(はらぐちふみひと)阪神タイガース選手名鑑 2018
名前 原口文仁 背番号 94 身長/体重/生年月日/血液型 182cm/88kg/1992.3.3/A...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク